医療法人 たなべ歯科・矯正歯科医院

骨が足りない場合

インプラントの埋入には、十分な歯槽骨の厚みと幅が必要です


当院では、骨が足りない場合でも
骨再生を行いインプラントを埋入することが可能です。

インプラントとは、歯を虫歯や歯周病、外傷などで失った場合に、義歯が簡単には外れてこないように、骨に直接維持を求めた人工の歯(人工歯根)のことを言います。従来は歯を失った場合にはブリッジといって、なくなった歯の両隣の歯を削ってない部分の歯をつくったり、取り外しの義歯(入れ歯)を作っていました。ところが、ブリッジについては失った歯を作る為に両隣の歯を削ることにより、削った歯の寿命が短くなったりすることがあります。また、取り外しの入れ歯は、堅い物を咬むと痛みがあったり、咬む度に入れ歯が動いたりして、必ずしも快適な使用感が得られる訳ではありません。

ソケットリフト・サイナスリフト

ソケットリフト・サイナスリフト
左の図1、のように歯槽骨が少なく、上顎洞にインプラントが入っている状態では、インプラントをしっかり固定することはできません。
その場合、図2のように歯槽骨に骨補填材や移植骨を入れ、インプラント埋入に必要な骨を補強します。上顎の骨再生を行う場合には、ソケットリフトとサイナスリフトの2つの方法がありますが、患者さんの状態によって使い分けられます。

ソケットリフトとサイナスリフトの違い?

ソケットリフトは、インプラントを埋入する部分(歯槽頂)から押し上げるので、傷口が小さくて済み、術後の腫れもほとんどありませんが、この手法の場合骨を増やす量に限界があります。また、サイナスリフトはさらに骨の量が少ない場合におこなわれる手法です。サイナスリフトは、上顎洞の横の骨に穴を開け、骨移植を行うため、手術の侵襲が大きく治療期間が長いのですが、ソケットリフトと比較し骨を増やす量を多く増やすことができます。

GBR(骨再生誘導法)

GBR法とは、主に骨の幅が不足している部分に、膜を覆うことで骨を作るスペースを確保し、骨補補填材を詰め骨の再生を誘導する治療法です。
GBR(骨再生誘導法)
安定したインプラントを埋入するには、歯肉の中にメンブレンという人工膜を固定します。
人工膜の中に骨充填剤を入れ、膜の内側で骨が再生するのを待ちます。(約3~6ヶ月)
骨が安定した後に、インプラントを埋入します。