医療法人 たなべ歯科・矯正歯科医院

歯周再生療法・歯周形成外科

歯周病再生療法とは

歯周病再生療法とは
歯周病は歯の周りにある歯槽骨を吸収してしまうため、病気が進行すると、どんどん歯槽骨が少なくなっていきます。この歯槽骨の吸収は、ほとんどの場合、歯周病が完治しても元の形には戻りません。この吸収した歯槽骨の形に添うように、歯肉が表面を覆っていますので、歯の表面が以前と比べ多く露出しますので、歯が長くなったように見えてしまったり、歯に隙間が空いてしまったり、場合によっては歯がしみるといった症状がでてくることがあります。今までの歯周病治療では、歯が抜けてしまう前に、これ以上病気が進行しないように止める事だけで、元の状態に戻すことはほとんど不可能でした。ところが最近では、歯周病により破壊された歯の支持組織を再生させ、歯をできるだけ元の健全な状態に戻す治療法があります。しかし、あまりにも重度に進行した歯周病では、この治療が困難な場合もあります。

GTR法とエムドゲイン

GTR法

GTR法
歯周病で破壊、吸収された歯周組織は、その原因を除去することで、再生しようとしますが、、歯周病に罹患した部分を清掃した後に何もせずそのまま治癒を待つと必要な支持組織が再生する前に歯肉がそこに入り込み歯周組織の再生を阻んでしまいます。GTR法では、歯周ポケット内部を清掃した後にメンブレンと呼ばれる膜を設置し、外から歯肉が入り込まないよう防御することで、メンブレンの下には歯周組織が再生を開始し、ゆっくりと成長していきます。この成長には時間を要しますので、メンブレンの下が新しい組織で満たされるまで一定期間保持しておく必要があります。とんど不可能でした。ところが最近では、歯周病により破壊された歯の支持組織を再生させ、歯をできるだけ元の健全な状態に戻す治療法があります。しかし、あまりにも重度に進行した歯周病では、この治療が困難な場合もあります。

エムドゲイン

エムドゲイン
GTR法は、歯肉が入り込むのを膜を用いて阻止しますが、 エムドゲイン法では、エムドゲイン・ゲルという薬剤を欠損部に注入し、歯周組織の再生を促すとともに、歯肉が入り込むことを防止します。このエムドゲイン・ゲルは時間の経過とともに歯周組織の再生を促しながら吸収していくので、 GTR法のように後からもう一度手術を行う必要はありません。

GTR法手順

GTR法手順
歯槽骨が失われています。
GTR法手順
フラップ手術でプラークと歯石を奥までしっかり除去します。
GTR法手順
欠損部を膜で覆い骨が再生するスペースを作ります。歯ぐきを縫合します。
GTR法手順
膜を取り除きました。歯槽骨になる為の組織が形成されます。
約1年経過後、歯槽骨が増えました。

エムドゲインゲルの手順

エムドゲインゲルの手順
歯槽骨が失われています。
エムドゲインゲルの手順
フラップ手術でプラークと歯石を奥までしっかり除去します。
エムドゲインゲルの手順
エムドゲインジェルを塗布し、再生を促します。
局所的な欠損の場合には再生療法が効果的です。
エムドゲインゲルの手順
歯ぐきを縫合します。歯槽骨が増えるには約1年程期間が必要です。