医療法人 たなべ歯科・矯正歯科医院

精密治療

マイクロスコープ
マイクロスコープ

テレスコープとマイクロスコープの併用

マイクロを使用するには非常に時間と手間がかかり、保険治療で他の患者さんがいると使用していられないのが現状です。当院では、根管治療を保険治療で行なっておりますので、全ての根管治療をマイクロを使用するわけではなく、状況に応じ必要な症例の時にポイントで使用しております。

主に次の治療に使用

歯の神経の治療

患部を20倍に拡大してみることで感染源を除去することが容易です。

補綴物(被せもの・詰めもの)の調整

歯と詰め物及び被せ物との合わせ目が、精密にあっていないと、バイ菌の侵入口となり、治療した箇所が再度むし歯になってしまう、2次カリエスになってしまいます。そのため、マイクロスコープを使用し、ミクロ単位の調整をすることで、2次カリエスを防ぎます。

むし歯を削る

むし歯の治療では、むし歯の箇所を削り取ってしまうことがどうしても必要です。当然ですが、一度削ってしまった歯は、元に戻すことはできません。そのため、当院ではマイクロスコープを使用し、むし歯の削りすぎが無いように精密な治療を行い出来るだけ、歯髄を保護できるよう治療を行っております。

肉眼とマイクロスコープの比較

肉眼とマイクロスコープの比較

倍率変更による見え方の違い

倍率変更による見え方の違い

歯科用CT

当院では、正確な診査診断のために歯科用CTを導入しております。

歯科用CT

主な使用例

難抜歯(埋まってある親知らずなど)

今までのレントゲン(2D)は、見えなかった部分が、 3Dで見えることにより、しっかりした診査をすることが可能になり、 患者さんに極力ストレスをかけることなく抜歯を行うことができます。

インプラント埋入

骨の状態などをしっかりと確認することが可能になります。 他システムと連動させることで、医院内でインプラントオペを安全かつ確実に行うことが可能です。
⇒詳しくはこちら

歯周外科・再生療法

3D画像診断により、骨欠損の状況がしっかりと把握できます。
⇒詳しくはこちら

難治性の根管治療

CTとマイクロスコープを使用することにより、 診査診断→治療 を的確に行うことが可能です。