医療法人 たなべ歯科・矯正歯科医院

一般歯科・むし歯治療

一般歯科とは

一般歯科とは
一般歯科とは、むし歯の治療をはじめ、歯周病の予防や歯槽膿漏の治療、歯の欠損部を補う治療などをさします。
当院では患者さまの歯の健康状態や治療方針を、丁寧にカウンセリングし説明・同意を得たうえで治療を進めていきます。
外科用の器具(電動麻酔器など)も当院が最良と考えるものを用意して、痛みの少ない、間違いのない治療を徹底しています。

当院では麻酔注射をする際には必ず表面麻酔を使用しております

当院では電動麻酔器を使用します。
皆さん「歯医者=痛い」や「歯医者=怖い」のイメージをお持ちじゃないでしょうか。当院では、そのようなイメージを出来るだけ払拭できるよう、なるべく痛くない治療を心掛けております。麻酔注射をする前には必ず表面麻酔を塗り、そして電動麻酔器を使用します。さらに注射針は一番細い針を使用します。

痛みの少ない安心ポイント

POINT 1 表面麻酔を塗って、刺入時の痛みを軽減します。

POINT 1 表面麻酔を塗って、刺入時の痛みを軽減します。
注射麻酔の前に針をさす箇所の表面に麻酔薬を塗布することで、差し入れの痛みを感じさせなくします。

POINT 2 注射針は、一番細い針を使用しています。

POINT 2 注射針は、一番細い針を使用しています。
痛みを避けるという意味でも、細い針であればあるほど痛みは感じにくくなります。

POINT 3 薬剤注入速度はゆっくりと

POINT 3 薬剤注入速度はゆっくりと
注入の速度はゆっくり麻酔をすることで痛みを軽減させます。

むし歯の原因は食べものの糖分!?

STEP1

食べものの残りカスの中にある糖分をむし歯菌が分解し、ネバネバ成分を出します。

STEP2

ネバネバ成分を足がかりに他の細菌も歯にくっついていきます。
これがプラーク(歯垢)です。

STEP3

プラークの中のむし歯菌は、糖質を分解して酸を作り出します。
この酸がエナメル質を溶かしてむし歯になります。

むし歯の進行

C0(要観察歯)

C0(要観察歯)
初期むし歯とも呼ばれます。歯の表面が白くにごってくすんで見える状態です。
まだ元の健康な歯に戻る可能性がありますが、放っておくとむし歯に進行してしまいます。
歯に穴は開いておらず、痛みなどの症状はありません。

C1

C1
歯の表面をおおっているエナメル質が脱灰(歯が溶ける)している状態です。
痛みはあまり感じませんが、歯の表面が白くにごっていたり、穴の開いた部分が茶色又は黒色に変色します。

C2

C2
象牙質の層にまで進んで穴があいている中等度のむし歯です。
冷たいものを食べたり飲んだりすると歯がしみます。
この段階まで進行した虫歯は一気に進行が広がるので注意が必要です。

C3

C3
むし歯が大きな穴になって象牙質のすべてに及び、歯髄(神経)まで達したむし歯です。
炎症を起こしたりすると、とてもはげしい痛みをともないます。
状態によっては治療期間も長引きます。

C4

C4
歯がくずれて根っこだけが残ってしまった状態です。
このままにしておくと歯髄が腐敗してしまい、炎症がまわりに広がっていきます。